Welcome

インフォメーション

2019-07-07 08:12:00

自分が生きている間に自分の財産を相続人などに分け与えることを生前贈与と言い、相続税対策の中で最もお手軽かつ効果の高い方法といわれています。贈与にも贈与税がかかりますが、できるだけ贈与税がかからない方法で贈与を進めることがポイントです。

 

年間110万円までなら贈与税がかからないため、財産を効率的に減らすためには、毎年いろんな人に少しずつ贈与するのがコツです。少額の贈与でも大きな節税効果が得られるのがメリットとなっています。ただ、贈与税を多少払ってでも贈与を手早く行ったほうがよいケースもあり、節税効果はケースバイケースです。

贈与が110万円までだからと毎年110万円を贈与していると「もともと1度に渡せるはずのお金を節税目的に分割しているだけだ」とばれてしまいます。これを連年贈与といいます。

毎年110万円の贈与を行っているとまとまった金額の贈与を企んでいると疑われる可能性があります。そこで、オススメする方法が基礎控除を少し上回る生前贈与を行うことです。

例えば、111万円の生前贈与を行うと、基礎控除を越える1万円分に対して1,000円の贈与税が発生します。贈与税を支払うことで生前贈与が行われている証明になります。こうすれば、贈与税対策だと疑われにくくなるのです。

 

以上を踏まえて、生前贈与の究極の選択。

 

・アンティークコインを贈与する。

 

・オフショア投資で贈与する。

 

どちらも、金額の変更は可能だし贈与された方の利益も見込めます。

疑問点やお困りごとがあれば、お気軽にご相談ください。

 

 

 

 


2019-07-06 08:01:00

オフショア投資は、さまざまなメリットがあります。これから海外積立投資を検討している方は、どのようなメリットがあるのかを理解しておきましょう。

 

オフショア投資のメリット

 

・オフショア投資は、オフショア地域(税金がかからない地域)で資産運用するため、税金がほとんどかかりません。

・オフショア投資は、共同の名義で口座を開設できます。共同の名義になるので、贈与税はかかりません。また、子供を名義にすれば相続税も不要です。

・オフショア投資のほとんどが複利で運用されます。複利とは、金利で増えた分の金額も完本と合わせて毎年計算することです。

・海外の積立投資は、数多くの地域がありさまざまな金融商品の種類があります。その中には、日本では考えられないような高金利の商品が販売されています。(たとえば、「平均利回り12%の積立投資」「元本保証の年間利回り5%」などです。)

・デメリットに感じるかも知れませんが日本だけで資産を持つのは、リスクが高いです。日本経済がダメになってしまった場合、困る恐れがあります。今後将来、日本に何が起こるのかわからないからです。だから分散投資とうメリットを生かすのです。

 

オフショア投資のメリットについてご紹介してきました。

 

とても魅力的なオフショア投資ですが、デメリットも存在します。いい点だけではなく悪い点も考慮した上で、海外積立投資を行いましょう。

 

オフショア投資のデメリット

 

・オフショア投資は、海外の口座でやり取りを行うため米ドルで運用されます。そのため、日本円に換金する場合、為替のリスクを受ける恐れがあります。

・オフショア投資は、英語でのやり取りです。日本人は英語が苦手なため、やり取りを行うのが苦手な方は多く見られます。そのため、やり取りがすべて英語のデメリットがあります。

・オフショア投資は、海外の金融機関で投資を行います。日本にある金融機関と比べても比較にならないくらい大きな金融機関ばかりです。ただ、あまり日本人になじみがないデメリットがあります。

 

ここまでオフショア投資のメリットデメリットについてご紹介しました。オフショア投資は、非課税の地域で高金利の資産運用ができる素晴らしいサービスです。

 

最後にオフショア地域は税金がかかりません。オフショア地域で資産運用しても税金は原則としてかかりませんが、日本に住んでいる以上、投資による利益が確定したのであれば、納税の義務が生まれます。 オフショア投資は税金が全くかからないように感じますが、実際はそうではありません。利益が確定したのであれば、日本で確定申告をして税金を納めましょう。

 

疑問点等があればお気軽にご連絡くださいませ。 誠意を持って対応させて頂きます。


2018-12-21 08:53:00

創業からお世話になった東上野の共同ビルを出ることになりました。

今度の事務所は、JR御徒町から徒歩10分のビルになります。

おかず横丁や佐竹商店街の近くです。

お近くにお寄りの際には、是非お越しくださいませ。

 


2018-11-19 08:19:00
ウナとライオン.jpg

近年、富裕層が買いまくっているという「アンティークコイン」5年で10倍に値上がりする金貨もあるという。

 

5年前に400万円で買った「ウナとライオン」という金貨が、持っているだけで今は4000万円になっているんです。

 

一般的にアンティークコインとは200年以上前に造られたコインを指しますが、私の扱う資産としてのアンティークコインは希少性の高い”レアコイン”です。

 

例えば、イギリス・ヴィクトリア女王が即位した時の祈念として発行された5ポンド金貨「ウナとライオン」は、たった400枚しか発行されていません。

 

当時の貴族が待っていたコインが遺産の整理などがきっかけにこの数十年でオークションに出されるようになり、高額な値がつくようになったのです。

400枚しかない「ウナとライオン」はこれ以上増えないですし、売りに出す人がいなければ市場に出る数は減る一方。

対してアンティークコインは、この5年で拡大傾向ですから、買いたいという人は増えている。

供給が横ばい・減少のなか需要が増えれば、価格が上がる可能性は高まりますね。

 

欧米の富裕層の間ではアンティークコイン投資は一般的な資産運用手段として確立されているが、日本のアンティークコイン市場はこの5~10年で50億円ほど。

それが今は知名度が高まり200億円市場に拡大している。

 

どうです、アンティークコイン興味が湧きますね。

 

次回はアンティークコインを使った相続や節税の話をします。


2016-11-14 12:58:00

オフショア投資の中でも特に人気の高い海外積立投資について話をします。

・利率が高い

・税金が安い

・複利で運用

・分散投資になる。

といったメリットがあげられると思います。

・金融庁の許可商品ではないので個人責任で投資をする事になる。

・為替リスクがある。

・途中解約にペナルティがある

・手数料を取られる。

といったデメリットがあります。

利率が高い例として、S&P500の例でご説明します。

2017年21.83%、2016年11.96%、2015年1.38%、2014年13.69%、2013年32.39%、2012年16.00%、2011年2.11%

という高い利回りを維持しています。

加えて、利回り保証の付いた商品もあります20年積立てで、140%の保証プランであれば

月5万円×20年=1200万円の140%である、1680万円の償還が保証
されており仮に運用実績が1680万円を下回ってしまったとしても
1680万円は購入者のもとに償還されます

なお、1680万円以上の運用益(α)が出た場合には
運用益分を含む金額(1680万円+α)が償還されます

どうです?夢が広がりますよね。

お問い合わせくださいませ。

無料でコンサルさせて頂きますよ。

 


1 2 3 4